2009年02月10日

圧力鍋 Vita Craft(ビタクラフト)を使い始めての感想。

圧力鍋 Vita Craft(ビタクラフト)を使い始めて1,2ヶ月が過ぎました。

圧力鍋はこのVita Craft(ビタクラフト)しか使ったことがないので
よく分からないのですが、
Vita Craft(ビタクラフト)を使って、料理して、
つっこみたくなる、ちょっと便利じゃないことを書きたいと思います。
基本は買って、使ってよかった〜と思っているんですけどね(^^)

比較が普通の鍋なのですが…
ちょっと便利じゃないなーと思ったこと。

煮ている具材の様子を見たり、味見を簡単にはできないこと。

圧がかかっている状態ではフタを開けることはできません。
どうやってすぐにフタを開けるようにするかというと、
圧力鍋を火からおろして、
鍋を冷やして、圧を下げてフタを開けます。
Vita Craft(ビタクラフト)の場合は、
圧力鍋をフタのふちにぬるま湯をかけて圧を下げます。

実際は・・・
圧力鍋を火からおろして、流しに持っていき、
ぬるま湯をかけて、圧が下がるのを待って、
フタを開けるなんて、
してません

私は、
火を止めて、鍋の空気を遮断しているバルブキャップを押して
空気を鍋に入れるようにして圧力を下げて、
その場でフタを開けています。

圧力鍋は重いです。
しかも料理が入っているからさらに重くなっています。
うちの流しは狭いんです。
圧力鍋を流しに置くなんて、他の料理を作っている
最中だし無理です(>_<)

圧力を十分下げていない状態でフタを開けて、
中の料理が飛び出した、なんていう話をきいたことが
あるので、フタを開ける時の圧は注意を払っています。

だから、正しい味見のフタの開け方をするよりも
時間がかかっているのかもしれません。

普通の鍋の方が調理時間は早かったりして・・・
と、たまに思ったりもしますが
慣れの問題だと思って、使い続けています。

Vita Craft(ビタクラフト)に限ったことじゃないのでしょうが
今度は圧力鍋を使う実際の時間について書きたいと思います(^・^)
タグ:圧力鍋
posted by かえで at 09:46| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

Vita Craft(ビタクラフト)を初めて使う。

Vita Craft(ビタクラフト)で最初に作った料理。
それはシチューでした。

Vita Craft(ビタクラフト)の得意料理は玄米ご飯をたくことのようですが
私は圧力炊飯ジャーがあるからいいかな・・・

Vita Craft(ビタクラフト)で料理をして思ったこと。
Vita Craft(ビタクラフト)は重いです!
私が使っているのは3,5リットルで昔、体重計に乗せたら
フタをした状態で2,2kgでした。
この重さはVita Craft(ビタクラフト)に限ったことじゃないのですが
普通の鍋の感覚で、片手で持とうとしたら、手首を傷めます。

Vita Craft(ビタクラフト)に限ったことじゃないのですが、
圧力鍋で困るなぁと思ったことは、
味見や様子見が簡単にはできないこと。
圧がかかっている状態ではフタを開けることはできません。

私は一度も様子を見ることなく野菜を煮込んだので、
玉ねぎが消えていました(>_<)
とろとろに溶けてしまったのでした。
ジャガイモもひと回りほど小さくなってしまって。

様子を見るか、大きめに切っておくのがいいと思いました。
完成はこれ。具が少ないように見えています。。。

シチュー.jpg


でも味は、野菜が溶けているから抜群においしい。
シチューの元を入れるのがもったいないくらいおいしかったです。
シチューやカレーなどとろみが付くものはフタをして
調理することは禁止されています。
フタをとって、後は普通にシチューの元を入れて仕上げました。

今度はVita Craft(ビタクラフト)に限ったことじゃないのでしょうが
圧力鍋を使って、料理して、
つっこみたくなる、ちょっと便利じゃないことを書きたいと思います(^・^)

タグ:圧力鍋
posted by かえで at 11:43| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vita Craft(ビタクラフト)を酢で洗う。

Vita Craft(ビタクラフト)を初めて使うときは、お酢で洗わないといけないらしい。

販売員さんによると、Vita Craft(ビタクラフト)だけでなく、新しい鍋全般に言えるそうです。

見映えよくピカピカ光っているのは、製品に油分かコーティングされているから。
目に見えなくても、製品にはホコリもついています。
それをきれいに取るのに、台所用洗剤だけでなく、お酢を使うことを勧めているそうです。

実際の洗いかたは、
柔らかいスポンジに台所用中性洗剤と、お酢2、3滴を合わせて洗うそうです。

それを実際に
Vita Craft(ビタクラフト)でやってみました。

普段使うように、スポンジに台所用洗剤をつけました。
ちょっともんで、泡立てて。
そこに家にあった、穀物酢を投入しました。
瓶から直接スポンジに投入!
2、3滴以上の量が入ってしまった…

洗剤のあわ立ちに変化はなし。
でもお酢の臭いが強烈・・・
やっぱり入れすぎたのかも。

でも、これで油分が落ちて圧力鍋の周りや中が黒くならないのならば
いいです。いつまでもピカピカであってほしいですもんね。

今日までに、2,3回使ったけれど、周りはまだ大丈夫。
中は問題のない程度に食材の跡が残っています。

お酢の効果は半年か1年か使わないとわからないでしょうね。。。
タグ:圧力鍋
posted by かえで at 11:40| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋 を使う準備

VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋を買ったものの
まだ使う所まで辿りつけていません。
高価なものだから、取り扱い説明書をちゃんと読んで、
丁寧に使おうと思っています。
VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋は、
取り扱い説明書とレシピ集が一緒になった冊子が
ついてきます。
40ページちょっとの冊子です。
すぐ使うのに手間取っているのは、
購入したときに、売り子さんから、
「圧力鍋を使う前に酢で洗ってくださいね」と
言われたからです。
どうやって、どのくらいの酢を使うのか
聞きそびれてしまって、使うに使えず、
買ってしばらく箱から出さないままでした(^_^;)
やっと、箱を開けて、取り扱い説明書を開いたら、
酢のことも書いてありました。

台所用中性洗剤にお酢を2,3滴加えたもので
圧力鍋を洗うそうです。

売り場のおばちゃんの知恵だと思っていて、
まさか取り扱い説明書に書いてあるとは
思っていませんでした。
おばちゃんの話だと、
「圧力鍋をキレイに見せるために、油がついているから、
このまま火にかけると側面が黒くなって
美しくないですよ。だからお酢で最初によく洗って
下さいね。このままお鍋もキレイに使いたいじゃ
ないですか〜」
と、言われていました。
確かにキレイに使い続けたいですよね。

圧力鍋の取り扱いを見て何を作れるのか
すぐに分かるのは便利だと思いました。
ざっと、目を通した時に軽くショックだったのが、
カレーやシチューのルウなどのとろみが出るものを
くわえる時は、フタを閉めてはいけないそうです。
つまり、圧力をかけて使えないということ。
圧力鍋を使えばカレーなんて10分でできるよ、
と、人から聞いていたのに・・・と思ったのですが、
よく考えたら時間がかかる肉と野菜を火にかけるときに
フタを閉めて圧力をかけられるのだから
問題はなかったです。
多分、10分でできるんでしょう。
posted by かえで at 12:20| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋 を買ってみた。(2)

圧力鍋を買いました。


圧力鍋1.jpg



VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋 3.5リットル No.0603
税込みで34,650円。
付属品の商品も。
ビタクラフトスティームスタンド 19.5cm No.3319
税込みで1,680円。
付属品は、蒸し物料理に使う蒸し板です。

圧力鍋は危険、というイメージがあります。
中の料理が飛び出した、とか火傷をしたとか・・・


ビタクラフトは安全機能がついているみたいです。
ふたが完全に閉まっていないと、圧力がかからないとか、
圧力が残っていると、ふたは開かないとか。
他にも安全機能をうたってありました。
メーカーによってはこういう安全機能はついていない
みたいです。


一般的に圧力鍋の事故はほとんどが使用上の注意に
従わず調理した場合に起こるものだそうです。

中の料理が飛び出すのは鍋の圧力が残っているのに
(時間をおかずに)開けてしまうから。
火傷をするのは、鍋の側面まで火をかけていたり、
取っ手も熱くなるということを理解していないから。

・・・だそうです。
でも、商品の欠陥が理由の事故の場合も。

私が見たものは、
鍋の取っ手のビス(ネジ)が設計上出ていて、そこに触れて
火傷をしてしまった、とか、
鍋の作り自体が悪くて、圧力をかけるくせにふたが耐え切れず
飛び出してくる、とか。

ビタクラフトは大丈夫そうです(*^_^*)
あとは、使う私が使い方を間違わなければよさそうです。
タグ:圧力鍋
posted by かえで at 00:08| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋 を買ってみた。

圧力鍋を買いました。
VitaCraft ビタクラフト スーパー圧力鍋 3.5リットル No.0603
税込みで34,650円。
付属品の商品も。
ビタクラフトスティームスタンド 19.5cm No.3319
税込みで1,680円。
付属品は、蒸し物料理に使う蒸し板です。

圧力鍋を使うと短時間で料理ができる、という知識しか
ありません。
メーカーもよく分からなかったので、三越のお店の人が
すすめてくれたビタクラフトの圧力鍋を買いました。

三越にはなかったけど、芸能人の
松居一代さんプロデュースの圧力鍋(Magic Cooking)
というのもあるそうですね。
ちょっと興味をひきましたが・・・


圧力鍋は、便利だけど使い方を間違えると危険、という
イメージがあるので今まで使おうとは思いませんでした。
いい機会があって、今回、高い!買い物ができたので
使ってみようと思います。
(でも怖くて、取り扱い説明書を熟読中・・・)

そもそも、短時間で料理ができるしくみというのは、
空気や液体が逃げないように密閉した鍋で過熱することで
大気圧以上の圧力が加わり、食材が通常より高い温度と
圧力で調理されるので短時間でできるそうです。

密閉させるには丈夫にしないといけないのでしょう、
ふたが重いです。鍋底は厚いです。
ふたをした状態で体重計に乗せたら2,2kgありました。
蒸し板を入れたら2,4kg。

使い方以前に、この重さにひいています。
分かってて買ったんですけどね。
タグ:圧力鍋
posted by かえで at 15:00| Comment(0) | 圧力鍋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク