2010年02月19日

フィギア高橋大輔選手、銅メダル。織田選手、アクシデントの原因。

オリンピックフィギアスケート
高橋大輔選手、銅メダルでした!

最初の4回転トゥループという難しいジャンプに
挑戦して、失敗して転倒してしまって
メダルも危ないかも、とライブで見て思っていたけれど
昨日のショートプログラムがよかったのか3位で終えました。

織田選手のアクシデント。
靴紐が切れてしまいました。
ジャンプに失敗して演技を中断。
ケガかと思ったら、靴紐が切れていたという展開。

こういう場合って中断ができるんですね。
審査員に靴紐が切れたのを見せて、コーチのところに
行って、靴紐を代えて演技を再開させました。

解説のアナウンスによると、3分の中断が認められたと
言っていました。

リンクに戻ったら、審査員のところに言って、言葉を
かわしていました。
演技の再開は、中断したところからという
決まりらしく、どこから曲が流れるのか
確認したのでは、と解説者は言っていました。

中断してからの残りの演技は少しだったので
あっという間に演技は終了。
ジャンプもあったけれどミスなく演技を終えていました。

本当かどうか分からないけれど、
ゲスト解説だった本田武史さんは
膝がとても柔らかい選手で、ジャンプの受ける力が
靴紐にきてしまうんじゃないか。。。みたいなことを
言ってありました。

織田選手のインタビューで本人が靴紐の切れた
原因について語っていました。

もともと、紐は切れていたそうです。

紐をかえると感覚が変わってしまうのでかえずに
補って試合に挑んだのだとか。

最初の4回転の回避も、紐のことも
自分の責任、と涙をこらえながら
織田選手はインタビューに答えていました。


・・・試合が近づくタイミングで紐が切れそうになる、
切れたっていうのが、本人ではどうしようも
できない不運ですよね。。。

その紐をかえる判断をしなきゃいけない状況に
なってしまったわけで。どちらを選んだとしても
満足いかない結果で終わったら
選択しなかった方に思いを寄せることに
なるんだろうし。。。


それにしても織田選手の膝は本当に柔らかいこと!
素人目でも分かりました。
これからも頑張ってほしいです。








posted by かえで at 14:52| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。かな。

ネットを彷徨っていて、ここにたどり着きました。

以前から、かえで さん の ブログは知っていて、
もしかして、ボク と 一緒に仕事をしたこともあり
運命の人 であった かえで さん
ではないか? と どうしても気になっていました。

ご迷惑かもしれませんが、どうしても書き込みせずに
いられなくなりました。

お元気でいてくれれば、幸いです。
Posted by teru at 2010年02月27日 23:19
teruさん、コメントありがとうございました。
コメントを書くか悩みましたが、お伝えすることにしました。

私は多分teruさんの予想している方ではないと思います。

(teruさん、は男性と思って書きますが、)
仕事でお世話になった男性はおります。
しかし、充実した仕事をチームやコンビでさせてもらいましたが、、
「運命の人」と表現できるような仕事あるいは恋愛?に私は出会ったことがないのです。

このコメントをいただいて、以前
仕事でお世話になったある人を思い浮かべました。
お互いにメルアドも知っているし(変わっていなければ)連絡を取ろうと思えばできるのだけれど、状況と環境が変わったので、もう連絡をとることはないと思っている人です。

teruさん、がっかりさせてごめんなさい。
でも身勝手なわたしとしては
いろいろな思いを呼び起こしてくれた
コメント、ありがとうございました、
と、言いたくなってしまうのです。

teruさんの思う方がお元気でいらっしゃるといいですね。








Posted by かえで at 2010年02月28日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク