2009年03月16日

雑誌「FraU(フラウ)」で見たコーセーの「雪肌精」の特徴

良いらしい、とは聞いていた

コーセーの「雪肌精」。

雑誌「FraU(フラウ)」で記事を見つけました。

「雪肌精」の主要成分はハトムキエキスで
保湿やくすみのケアに優れているらしい。

さっぱりタイプの化粧水で200mlで5,250円。

「雪肌精」の化粧水はもう発売から23年もたっているそうです。

漢方処方を採用して
使い心地がよく、効果もわかり、癒し系の香りなのだとか。


雑誌「FraU(フラウ)」では化粧水をつけるときにコットンを使うべきかの疑問にも答えていました。

雑誌「FraU(フラウ)」は、コットン使用、推奨派でした。


「雪肌精」には
圧縮シート型のマスクの「コットンマスク」というのがあって、
「雪肌精」の化粧水を染み込ませてパックにできるのだそう。

「雪肌精」は和漢植物成分を採用しているから、
パックをしてじわじわと肌に染み込ませるのが効果的みたいですね。


雑誌「FraU(フラウ)」では春先は、
風が強いから冬よりも化粧水をたくさんつけたほうがよいと
ありました。

肌の乾燥は室内の乾燥だけが原因じゃないのですね。

季節の変わり目はなぜか化粧品のブランドから見直しを考えてしまう季節。


雑誌「FraU(フラウ)」に載っていた
沖縄の海洋深層水と植物エキスを配合したという

バイオ21
ちゅらら クリアバランスコンディショナー

というのも気になりました〜
posted by かえで at 12:34| Comment(0) | エステ・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク