2009年02月09日

花粉症対策日記2 花粉症の注射治療(予防接種)について

花粉症の予防接種があるらしい、と聞いて調べてみたら
想像していたものと違いました。

花粉症の予防接種と聞くと、その注射を打てば、
花粉症の症状が出なくなるのかしら!と期待したのですが、
症状がなくなる注射ではなく、
症状を和らげる注射のようです。
しかも1回の注射だけじゃなくて継続して行う治療。

減感作療法(げんかんさりょうほう)というそうです。
アレルギーの元になるアレルギー物質を体内に注射して
体にアレルギー物質を慣れさせて
アレルギーの症状をなくしていこうとする療法だそうです。

健康保険の適応だから治療費は安い。
だけど医師の指示の元に通院をしなくてはならず、
その通りに治療を受けても100%完治する保証はない。
(他の病気や薬と一緒ですよね・・・)
治療期間が1年から3年や5年ともいわれていて、
途中で治療を脱落してしまう人もいるとか・・・

通院する時間的余裕があって、
治療中に症状改善がみられなくても
治療を最後まで受けるぞ! という意志と
根気強さがいりそうですね。

アレルギー物質を薄い濃度から徐々に濃く投与する治療
みたいなので、その調整をする先生選びも大事ですよね。
先生とよく話をして、任せられるか判断しなければ。

1回注射をすると、1ヶ月くらいは症状が出ないという注射が
あると聞きました。
実はそれを知りたくて調べたんだけど、
その1回でOKな注射は副作用が強いそうです。
健康保険の適応外だから治療費も高い。

病院に行って、ちゃんと話を聞きたくなりました。
posted by かえで at 12:03| Comment(2) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私、6年程通院してました。今程認知されておらず保険の適用外でした。同時の家庭医の先見力に今でも感謝しています。100%の完治を期待しない事(症状が減変する)を理解の上、治療をはじめました。 治療前には鬱も併発してたようです。今では 不眠(痒み)と嘔吐・鼻水はかなり楽になり、予防を兼ねて2〜4月末まで錠剤を服用してます。鼻のレーザーなど根本を治療しないモノはあえて行いませんでした。近年では有給程度で勤めにも出られる様になりました。 発症している皆さんの辛さは手に取る様に分かります。病を理解しあえる現代人は幸せだと羨ましく思います。
Posted by カフェイン at 2009年02月10日 08:52
コメントありがとうございました。
私を含め、私の周りは「花粉症なんだよね〜」と言いながら
病院に行かなくてもいい程度なので、
カフェインさんのお話で実態を知ることができました。
ありがとうございました。
Posted by かえで at 2009年02月10日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク