2009年02月03日

節分で厄払い。そして開運祈願! 豆まきと恵方巻の食べ方

節分と言えば、豆まきと恵方巻。
恵方巻は最近するようになったという人もいるかもしれません。
恵方巻きは願い事をしながら食べるのだそうですね。
豆まきで厄払い。恵方巻で願い事をお祈りする。
最強な行事ですね(^・^)

節分の豆は、とりあえず買ってみました。

節分2.jpg



節分の豆まきは地域や家で違うそうです。うち(実家)の場合。

買った豆を皿に入れて高い所に置いておく。

節分の夜に、家族が揃ってからお父さんが豆を取り、居間の窓を開けて豆を2回まく。

掛け声は「鬼は外」。大声でも小声でもない大きさで。

窓を閉めて居間に豆を2回まく。

掛け声は「福は内」。外よりも気持ち大きな声かも。(室内だから?)

そのまま玄関に行って外と内と同じように豆をまく。

以上。

子供は家族の年齢を聞きながら豆を皿に分けていく。

お母さんが、子供が分けた皿に豆菓子を適当に飾っていく。

居間にまいた豆が転がっているのを横目でみつつ、お皿の豆と豆菓子をみんなで食べる。

豆菓子は甘くておいしい。けんかになるのでお母さんが配分していたと思う。

節分.jpg


食べ終わって、つけっぱなしのテレビにみんなの関心がいったら節分、豆まきの終了。

お父さんがお風呂に行くと、お母さんがほうきでまいた豆を回収。

翌朝、外の豆もほうきで回収。

この後片付けがちょっぴり寂しいですよね。


恵方巻きは、うちではありませんでした。関西地方じゃなかったので。

食べ方があるんですね。

巻き寿司は一人一本切らずに食べること。
恵方を向いて食べること。
願い事をしながら無言で食べること。

理由があるそうです。

寿司を包丁で切ると縁を切ることになるからダメ。
恵方はその年の最もよい方向だから。
話すと福や運を逃したしまうからダメ。

食事を準備する側としたら、節分はお寿司、と決まってしまえば
考えなくていいから楽ですね。
posted by かえで at 12:56| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク