2008年12月31日

お正月に生命保険について考える(3大保険)

生命保険の見直しをしっかり考えようとしているところです。
生命保険の3大保険は、
定期保険
終身保険
養老保険
・・・だそうです。

生命保険の保険期間という視点で見ると、
一定の期間としているものが
定期保険と養老保険。
期間を生涯としているのが
終身保険。

生命保険に加入するには目的を明確にしないといけないそうです。
生命保険はこういう種類を組み合わせたら良いみたいです。
生涯保障したいこともあるだろうし、あと何年くらいは、という事情もあるだろうし。
今の生活と将来の生活を考えて、今出せる保険料も考えなくてはいけないし。

生命保険の保険料の安い順番は、
定期保険→終身保険→養老保険。
予想されるお金の戻り額の高い順番は、
養老保険→終身保険→定期保険。

支払う保険料によると思うけれど、性質的にこういうものだそうです。
定期保険は掛け捨てだから戻りのお金はゼロですしね。


私が独身時代に加入した生命保険は、2つ。
定期保険と、養老保険でした。
どちらも親の言われるまま入っていたのでよく分かっていませんでした。
保険の性質で見ると、親は、
終身保険は若いうちに入らせて、安い保険料で一生いいように終身保険に入れさせたようです。
養老保険は、親の、貯蓄運用のようでした。
養老保険は保険の保険証も親が持っていました。
すでに満期になったようです。
正直、親が私の名で勝手に入ったものでした。
保険料も、私が家に入れたお金を親が振り込んでいたので存在もよく分かっていませんでした。
この養老保険は、親の運用どおり、満期になって、私の結婚準備の資金になったようです。
間接的に私も恩恵を受けていたようです。

う〜ん、親、すごいですね。
ラベル:生命保険
posted by かえで at 00:00| Comment(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク