2008年12月30日

着物を着たい。

着物を着たいけれど、必要なものが分からない。
当然、着付けも分からない。
そんな状況でずいぶん経ってしまっています。
着物と帯と草履を譲り受けました。
あと、結婚式で使った
着物用の肌着と足袋はあります。
この他に必要なものが分かりませんでした。
着たいし、着付けもできるようになりたいので、
とりあえず、必要なものを揃えようと
思いました。
着物を着るために必要なものは、やっぱり
いっぱいありました。

1.足袋
2.肌着
3.補正道具(タオル)
4.半衿(ハンエリ)
5.衿芯(エリシン)
6.長襦袢(ナガジュバン)
7.マジックベルト
8.腰ひも
9.着付けベルト
10.前板(マエイタ)
11.着物
12.帯
13.帯締め
14.クリップ
15.下駄・草履

過不足があるのでしょうけど、一説によるものでは
こんな感じでした。
揃えるのが大変そう。。。
しかし、ニッセンの通販とかみていると
安いですね。
着物を着たい、着付けができるようになりたい
という気持ちも萎えません。

譲り受けた着物というのは、
主人のお母さんからなのです、
お母さんが独身時代に着られていたということで、
年代ものなのだけれど、とてもかわいいです。
普段でも着られるから楽しんでね、と言われました。
成人式や結婚式に着るような派手な、
厚くて硬いような素材でもなく、気軽に
街に着ていけそうな素敵なものでした。
ただ、やっぱり義母からいただいたということに
プレッシャーが・・・(^_^;)
その着物を仕立てたおばあさまもご健在だし(^_^;)
タグ:着物
posted by かえで at 12:00| Comment(0) | 着物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク